地方の美しい観光資源に連動して効率的に運営し、新規の雇用を拡大し、国際人を育成していきます。

調査項目

  1. 人口動向 : 少子高齢化・生産年齢人口の減少
  2. 国内でのポジション、来訪意向、宿泊客数
  3. 財政状況
  4. 上場企業数
  5. 観光、文化、インフラ、産業資産調査
  6. 検討調査における有識者意見(ヒアリング)
  7. 現状をふまえた方向性

IRを導入した場合の想定効果

  1. 新たな価値を生み出す。
  2. 世界最高のおもてなしを目指す。
  3. 周辺地域の活性化につなげる。
  4. 先進的で持続可能な都市インフラを整える。

本事業は唯一地方創生の起爆剤となる夢を持った歴史的事業である。

本事業(IR)はあらゆる事業要素を含んでいと同時にあらゆる分野で新規事業が生まれ、本事業を行う為には地方都市の総力が必要とされ、あらゆる効果と利益が見込まれる。様々な新規事業が生まれて、インバウンド効果が波及し、国際的な文化と日本の文化が融合し、今ある資源(観光資源・温泉・自然・文化遺産など)が有機的に活性化できる可能性を持ち、多くの人々に仕事を与え、これまでにない驚くほどの税収が見込まれ、豊かな都市として新しい循環を起こすことが出来るのである。